kakumeilogo.jpg

寺院運営コンサルタントブログ

お寺の運営塾

御朱印のちから

みなさまお寺で御朱印を書いていますか?



ここ数年、御朱印ブームですよね。



本屋にいくと御朱印関連のものもよくみますし。



御朱印をもらいにまわる女子を御朱印ガールズって呼ぶらしいですし。



多くのお寺さんも御朱印を書かれていると思いますが、中には「めんどくさいから書かない」とか「スタンプラリーのように来るから書かない」っていうお坊さんもおられますね。



けど御朱印にはものすごい広告パワーがあります、あっもちろんご利益的なパワーも。



御朱印をもらいに来る方々の多くは、今までお寺とご縁のなかった方々です。



そういう方々がお寺にきてくれるってすごいことじゃないですか。



ここでアピールせずにどこでアピールするんですか?



御朱印だけではなく、お寺のことについてや仏教についてもアピールできる絶好の場です。



なので、ただ御朱印を書いて渡すだけではもったいない!



御朱印を書いている間「境内でお待ちください」ではなく、「どうぞ本堂を見てってください」とか「お待ちになっている間このパンフレットを読んでいてください」とか、アピールできるポイントは多いと思います。そして、御朱印を書き終わったら、なにかおまけ(お寺のパンフレットなど)を付けてもいいんじゃないでしょうか。



ちなみに自坊の妙輪寺ではマーケティングの実験のため一時期、御朱印と一緒に妙輪寺オリジナル巾着袋にペットボトルのお茶を入れて渡してました。もちろんコスト的には大赤字です。けど、それをSNSなどでアップしてくださった方が多く、結局のところ宣伝効果はかなり高かったです(いまはもうやってませんが)。



ご縁ってのはどこでどうつながるかわかりません。この御朱印のご縁が、お寺とお墓が欲しい方をつなげてくれるかもしれませんしね。



ところで御朱印ってのは基本にもらったらまた来るってことはあまりないです。基本的には一回こっきり。一回もらったらそこでおしまいです。



ならば、月ごとに御朱印をかえてみては?もちろん毎月まったく違う御朱印を書くのは大変なので、その月特有のなにか(お正月ならば鏡餅)のスタンプをちょこっと押してあげても特別感があります。また来月ももらいに来ようかなって思うかもしれません。



「毎月違う御朱印を書くなんて現実的ではない!」という方は春夏秋冬の季節ごとの御朱印とかはいかがでしょうか?春の御朱印には桜の花びらのスタンプが押してある、みたいな。せっかくならばリピーターになってもらえるように、様々な期間限定の御朱印を考えてみましょう。



「たかが300円(御朱印の相場)のためにそんな労力を・・・」なんて思わないでください。これは布教活動でもあり、お寺の宣伝でもあるんです。お寺の宣伝をして300円もらえると思えば一石二鳥ですよね。



「御朱印なんてお寺の宣伝にならないよ」と思われている方。今すぐSNSで「御朱印」を調べてください。


・・・・

・・・

・・


調べましたか?



facebookだけでも御朱印のグループがわんさかですよね。


もうお分かりだと思いますが、多くの方々はSNSとかで寺社でもらった御朱印をアップしてくれています。ある意味宣伝してくれます。場合によっては、そこにちょっとしたエピソードも付け加えてもらえてるかもしれません。



「とても静かな境内で住職がすごく優しかったです」



「住職が色んな話をしてくれてとても面白かった」



など。



なので、御朱印に来られたかたがたは絶対に邪険に扱ってはいけません。



「御朱印もらいに行ったらスタンプラリーじゃないんだって坊さんから説教された」



ってどこかのブログでみたことあります。



こんなんじゃあお坊さんやお寺が嫌われちゃいじゃないですか。



たしかに御朱印をもらいに来る方々の中にはちょっとマナーが・・って方もおられますが、そこでの対応はしっかりとSNSで“宣伝”されちゃいますよ。



次は御朱印の内容です。



一般的な御朱印ってスタンプをポンって押して、筆で何か文字やお経を書く。これは一般的な御朱印で世の中の御朱印の9割ぐらいはこんな感じでしょう。それでは数ある御朱印のなかに埋まれてしまいます。



絵心があるかたはすっごい絵を書いたりしますね。テレビとかでもみますが御朱印ひとつ数千円とか。あれはすごい広告効果です。けどあれはなかなか真似できません。



ならばスタンプそのものをちょっとリニューアルするってのはいかがでしょうか?



たとえば、みなさんのお寺で祀っている神様や菩薩様をスタンプにする、とか。



「そんな絵心ないよ!」って方、ネット上でデザインを依頼すればいいんです。



「デザイン依頼したら何万円もするだろ」って思われるかもしれませんが、たとえば「ココナラ」というプロからアマチュアの方が自分の特技を売るサイトがございます。デザイン料1件数千円から数万円と、プロに頼むよりかなりお得です。



ここで、自坊の神様の写真を送って「この神様の御朱印用のイラストを書いてください」でいいんです。向こうも御朱印のデザインってきけば気合いを入れて書いてくれるかも?場合によってはそのデザイナーさんが自分のホームページやSNSでその御朱印を宣伝してくれるかもしれません。だって自分がデザインしてますからね。



オリジナルスタンプを作る際、御朱印用のオリジナルスタンプの専門店で作ろうとすると高いです。けど、普通のスタンプ屋さんで大きめのスタンプってことで探せば安く済みます。モノはまったく同じなので安いほうがいいですよね。



住職が留守だったので御朱印がもらえなかった、って話もよく聞きます。



せっかくアピールできるチャンスを逃すのはもったいないので、そういうときのために書き置きを用意しといてくださいね。



御朱印をつかったお寺の宣伝。みなさまも取り入れてみてはいかがでしょうか?



寺院革命代表 熊澤

寺院運営コンサルティングプロジェクト

寺院革命事務局

255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯1582番地 妙輪寺内 

TEL 0463-61-0749

FAX 0463-61-8899

新規のお問い合わせはメールでのみお受付しています。

E-mail

Copyright © Jiin Kakumei, All rights reserve

  • Facebook